企業・団体による教育支援活動 ~出前授業編 前編~

曙川小学校のチャレンジに、田村学先生(学校応援プロジェクトアドバイザー)がメッセージ

「学校にホタルを呼ぼう!」のクラウドファンディングにチャレンジ中の曙川小学校に、生活科・総合的な学習の時間の第一人者のひとり、國學院大學 人間開発学部 初等教育学科 田村学教授(前文部科学省視学官)から、コメントをいただきました!

これからの社会に必要な、本気でチャレンジしていく学び
國學院大學 田村学教授

 これからの社会においては、身の回りに生じる様々な問題に自ら立ち向かい、その解決に向けて異なる多様な他者と協働して力を合わせながら、それぞれの状況に応じて最適な解決方法を探り出していく力をもった人材が求められています。
 また、様々な知識や情報を活用・発揮しながら自分の考えを形成したり、新しいアイディアを創造したりする力をもった人材が求められています。
 そのためには、夢や目的に真剣に立ち向かい、本気でチャレンジしていく学びが大切になってきます。
 その上で、子供自身が、未来社会を確かに創り上げていくのは自分たち一人一人であることを実感することも欠かせません。
 様々な他者に働きかけ、困難を乗り越えながら実現に向けて取り組む中で「未来社会を創造する主体としての自覚」を子供がもつことを期待したいと考えます。
 そこでは、各教科での学びを生かし、自分のもつ個性や可能性を存分に発揮してほしいと思います。
 そのためにも、子供を中心に、社会が総出で、新しい学校教育を支えていくことが、今、求められています。
 曙川小学校のチャレンジには、きっと期待する子どもの姿が生まれることでしょう。その取組に、これからも注目していきたいと思います。

以上のコメントです。

田村先生も、若い頃、授業でいろいろな先進的なチャレンジを繰り返したと聞いています。
みなさま、曙川小学校、山野先生のチャレンジを応援してください!
目標の15万円まであと少しです。どうぞよろしくお願いします。

チャレンジの詳細は、 「学校応援プロジェクト」ホームページ
または、 クラウドファンディングREADYFOR社ホームページ
をご覧ください!

田村 学先生 応援アドバイザー就任!

このたび、國學院大學教授の田村学先生に、「学校応援プロジェクト」の応援アドバイザーとして、ご協力いただくことになりました。文部科学省の教科調査官、視学官として、総合的な学習の時間の効果的な展開について、全国の多くの学校を指導・助言してきた田村先生。その知見をもとに企業・団体の教育支援活動についてのアドバイスをいただくことは、「学校応援プロジェクト」にとって、大きな財産になります。今後は、教育現場の課題と、企業・団体の教育支援活動の橋渡し役を目指している当プロジェクトは田村先生のアドバイスを多くの方に伝えることで、より連携した教育支援活動を応援していきたいと思っています。

学校応援プロジェクト 田村 学先生 応援アドバイザー就任コメント

未来社会で活躍する子どもをみんなの力で育てる

國學院大學 教授 田村 学 氏

 

昭和37年新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業後、昭和61年4月より新潟県上越市立大手町小学校教諭、上越教育大学附属小学校教諭、新潟県柏崎市教育委員会指導主事、文部科学省教科調査官、文部科学省視学官を経て、平成29年4月より現職。

日本生活科・総合的学習教育学会理事も務める。教員時代より、生活科・総合的な学習の時間の実践、カリキュラム研究に取り組んでいる。

 

田村学先生に聞く 効果的な「出前授業」の作り方(1)

学校が申し込みたくなるプログラムは学習指導要領との対応がわかること

出前授業のプログラムを見て学習指導要領との対応をはっきり示してあると学校や先生は安心できます。企業・団体のメッセージだけが前面に出てしまうと「学校でやる意味がある?」と感じてしまうからです。「どの教科の何の内容を学ぶことになるのか」がきちんと伝わると「依頼をしてみよう」という気持ちを後押しします。

また、「子どもの発達や特性に合ったプログラムにする」ことも大切です。同じメッセージでも小学校低学年と高学年では伝え方や見せ方が違うはず。ここがわかっていると先生の反応も違います。学校をよく知っている人にアドバイスをもらうのもいいでしょう。

そして「プログラムがパッケージ化されている」のが望ましいです。2020年度から本格実施される新しい学習指導要領では「学習プロセス」を重視します。出前授業の前後で学級担任が子ども達をフォローしなければならないようでは、せっかくのプログラムが「ありがた迷惑」に。1回の出前授業の中に学びのプロセスが見えるのが理想です。

告知のベストタイミングは4月 急な “割り込み” が一番困る

学校の1年間のカリキュラムや行事予定は4月の年度当初にほぼ決まり、4月いっぱいをかけて細かな見直しや修正をかけていきます。出前授業のおおまかな情報だけでも4月中に伝わっていると学校はスムーズに計画に組み込めます。

年度の途中に出前授業が突然、割り込む形になると、どんなに内容が良くても先生は気持ちの上で「ちょっと……」と腰が引けてしまいます。完璧でなくてもいいので、アウトラインの情報を「早め」に伝えるのがポイントです。

学校側との打ち合わせで大切にしたいお互いをブラッシュアップする気持ち

学校との事前打ち合わせは出前授業本番の質を左右するので必ず行いましょう。それから、ぜひやってほしいのが「振り返り」です。お互いをブラッシュアップする気持ちで、意見交換するといいでしょう。授業後に別室でじっくり…といった時間は取れないことが多いです。授業直後にその場で先生たちと軽く会話する程度でも効果があります。

後日、学校から「子どもが書いたお礼の手紙」などが届くケースもあるでしょう。そのときに企業・団体から見た「子ども達の様子」を学校に伝えると喜ばれます。教師ではない第三者からのコメントは、子どもの見方や教え方をよりよくすることになるし、先生のよい刺激になりますからおすすめです。

■学校応援プロジェクト 田村 学先生 応援アドバイザー就任コメントはこちら
https://gakko-ouen.com/about_manabu-tamura-2/

■企業・団体による教育支援活動 ~出前授業編 後編~はこちら
https://gakko-ouen.com/about_manabu-tamura-3/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加