田村 学先生 応援アドバイザー就任!

田村 学先生 応援アドバイザー就任!

このたび、國學院大學教授の田村学先生に、「学校応援プロジェクト」の応援アドバイザーとして、ご協力いただくことになりました。文部科学省の教科調査官、視学官として、総合的な学習の時間の効果的な展開について、全国の多くの学校を指導・助言してきた田村先生。その知見をもとに企業・団体の教育支援活動についてのアドバイスをいただくことは、「学校応援プロジェクト」にとって、大きな財産になります。今後は、教育現場の課題と、企業・団体の教育支援活動の橋渡し役を目指している当プロジェクトは田村先生のアドバイスを多くの方に伝えることで、より連携した教育支援活動を応援していきたいと思っています。

学校応援プロジェクト 田村 学先生 応援アドバイザー就任コメント

未来社会で活躍する子どもをみんなの力で育てる
國學院大學 教授 田村 学 氏               

 

昭和37年新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業後、昭和61年4月より新潟県上越市立大手町小学校教諭、上越教育大学附属小学校教諭、新潟県柏崎市教育委員会指導主事、文部科学省教科調査官、文部科学省視学官を経て、平成29年4月より現職。

日本生活科・総合的学習教育学会理事も務める。教員時代より、生活科・総合的な学習の時間の実践、カリキュラム研究に取り組んでいる。

 

「子どもを真ん中に」の姿勢で社会に開かれた教育課程のために

今、多くの企業が教育に関心を持ち、教育を通して社会貢献に努めようという意識が強くなってきています。新しい学習指導要領の最大の理念は「社会に開かれた教育課程」です。子どもを中心に置き、企業の皆さんと学校教育関係者が一体となる絶好のチャンスが訪れています。

そのときに、大切なのは「子どもを真ん中に」という姿勢だと思います。最初は学校の先生が思っていることと、企業の皆さんの思いの方向性が少し違うかもしれません。その違いを一致させるには、未来社会を創造する子ども達を豊かに育てていくためには何をするべきか、その1点に立ち返ることではないでしょうか。

企業と学校とが心をひとつにして取り組むことができれば、過去にはないようなさまざまな教育活動が実現できるでしょう。かつて、学校の先生だけが授業をして子どもを育てる時代がありました。これからは企業の皆さんやNPOの方たち、地域の人達などさまざまな人が子どもにかかわる時代です。子ども達が未来社会で活躍できるようにみんなで育てていければ、日本の未来は明るいものになると思います。

田村先生 画像学校応援プロジェクトに期待すること

もちろん、これまで「みんなで関わって子どもを育てたい」という思いをもっていた方はたくさんいたでしょうし、各地で取り組んでこられた方もたくさんいたでしょう。ですが、企業の皆さんにとっては、学校との距離感や、壁が高くて乗り越えられないような感覚を持っていたのではないでしょうか。学校との日常とのネットワークも構築しづらかったでしょう。

今回、学校応援プロジェクトという、企業と学校を橋渡ししてくれる素敵なプラットフォームができました。企業の皆さんは自分たちの思いが学校に伝わり、学校も「こんなこともしてもらえるんだ」という心強い応援をもらえる、絶好のつながりが生まれる場ができたと思います。

ぜひこのプロジェクトに多くの方たちにご参加いただき、よりベストなマッチングを実現してもらえればと思います。より多くの力で、より多くの手をかけて子ども達にかかわっていくことで豊かな教育活動をみんなで築き上げていくことができると期待しています。

【学校応援プロジェクト事務局より】

■田村学先生による企業・団体の教育支援活動に関するコラム  第1回は「企業・団体による教育支援活動 ~出前授業編 前編~」はこちら
https://gakko-ouen.com/about_manabu-tamura-2/