笹川平和財団(海洋政策研究所)

笹川平和財団(海洋政策研究所)について

海をテーマとした学びを支援
「海洋教育パイオニアスクールプログラム」

対象 小学校・中学校・高等学校

四方を海に囲まれた日本。全国各地の学校では地域学習や体験活動、環境保全、産業、安全、防災など、海を題材にしたさまざまな学習が行われています。その多くは探究的な学びで、問題の発見や解決に力を入れた主体的・協働的な学習です。日本財団、東京大学海洋教育促進研究センター、笹川平和財団が共同で実施している「海洋教育パイオニアスクールプログラム」は、このようなアクティブ・ラーニングの題材としても最適な「海の学び」に取り組もうとする学校や教師の活動を確実に支援する助成制度です。

プログラムは、
①授業や学習活動の実践、研究発表会、学会、他校の視察や見学など教育研究に必要な費用を助成する「授業・学習活動・教育研修費用の助成」
②実践事例・カリキュラムの共有、意見交換、学校間ネットワーク構築のための助成校を対象としたフォーラム開催など「学校間の情報共有・意見交換サポート」で構成。

海の学習をより充実・発展させたい先生方には最適なプログラム。運営事務局の笹川平和財団 海洋政策研究所も「積極的に活用いただき、子どもたちに海を用いた新たな学びの可能性を広げていただけたら」と呼びかけています。


関連記事
目次 「教育支援活動特別便」参画企業・団体(2018年11月)