毎日パソコン入力コンクール

毎日パソコン入力コンクールについて

タイピング技能の向上で深い学びの実現を
毎日パソコン入力コンクール

対象 小学校・中学校・高等学校

毎日パソコン入力コンクールは、多くの人たちがコンピュータなどのIT機器をツールとして自由に使いこなせるよう、IT教育の普及・促進を目的としたパソコン入力の正確さと速さを競うコンクール(文部科学省ほか後援)です。

今の10~20代は「スマホネイティブ」世代とも呼ばれています。最近ではパソコンが無い家庭が増えていることもあり、子どもたちがキーボード入力を学ぶ場として学校の役割はいっそう大きくなっています。キーボード入力が苦手な児童・生徒は文字入力だけで時間を費やしてしまい、ソフトウェアの活用や文章内容などを思考する時間を十分に確保できなくなってしまいます。

知識の量を削減せず、質の高い理解を図る学習を実現するためには、タイピング技能の向上が必須です。競って高めあうことで高い学習効果が得られる本コンクールをぜひ、ご活用ください。


関連記事
目次 「教育支援活動特別便」参画企業・団体(2018年11月)