日本郵趣協会

日本郵趣協会について

生活科、社会科の課題にぴったり
ゆうびんde自由研究 郵便切手を調べて、住んでいる町の風景印を書こう

対象 小学校

日本郵趣協会は、郵便切手文化の普及を目的とする公益財団法人であり、現在は児童に向けた2つの取り組みを行っています。それが「ゆうびんde自由研究・作品コンテスト」と「タイムカプセル郵便」です。

「ゆうびんde自由研究・作品コンテスト」は、身近な切手を自分なりに調べて発表する「切手部門」と、自分の住んでいる町を調べて、風景印(郵便消印)のデザインを描いてみる「風景印部門」の2つがあります。

文部科学省後援のこのコンテストは年々出品数が拡大しています。参加費は無料で、出品されたすべての方に賞状と参加賞が贈られます。応募作品の展示会は、夏休み後半の8月24日~8月26日ですので、夏休みの自由研究の課題にぴったりです。


関連記事
目次 「教育支援活動特別便」参画企業・団体(2018年6月)