日本弁理士会発行 知的財産制度啓発ポスター「はっぴょん通信」

特許や実用新案、意匠、商標などの知的財産に関するスペシャリストの弁理士という職業をご存知でしょうか?個人や企業などから依頼を受けて特許庁への申請書類の作成や知的財産権の管理、特許の侵害への対応など、さまざまな依頼を受けてくれます。

弁理士を会員として活動している日本弁理士会は、児童・生徒に知的財産制度を知ってもらうための活動を積極的に行っています。日本弁理士会は例年、知的財産制度に関する啓発ポスター「はっぴょん通信」を発行しています。小学生が特許を取得した話題を取り上げ、知的財産を取得するまでの流れを紹介する楽しいポスターです。

子どもたちの知的財産への興味関心が高まったり、世の中にためになる発明を考えてもらえるきっかけになるかもしれません。是非ご活用ください。
 

日本弁理士会発行 ポスター「はっぴょん通信」

※画像をクリックするとPDFファイルを見ることができます

はっぴょん通信18 「小学生が特許を取得」

はっぴょん通信18 「教師用解説」

はっぴょん通信17 「町で生まれたユニークな発明 傘ぽん」

はっぴょん通信17 「教師用解説」

はっぴょん通信16 「身の回りの知的財産なにがあるかな?探してみよう」

はっぴょん通信16 「教師用解説」

■過去の「はっぴょん通信」はこちらから。
http://www.jpaa.or.jp/?cat=76

■日本弁理士会の教育支援活動(弁理士による出前授業や児童用教材など)
教師用解説と日本弁理士会の教育支援活動の詳細はこちら
http://www.jpaa.or.jp/?page_id=29735

  • このエントリーをはてなブックマークに追加