トライ式高等学院

トライ式高等学院について

全国で2,000名が学ぶ、
まったく新しい通信制高校サポート校

 トライ式高等学院とは、「家庭教師のトライ」から生まれた、通信制高校サポート校です。現在、不登校の子どもたちは、中高生で15万人いると言われています。不登校のきっかけは人それぞれですが、その一人ひとりが将来に無限の可能性を秘めた大切な若者たちです。彼らが自信を取り戻し、「自分らしい」生き方を見つけ、夢や目標の実現に向かって前向きに取り組める環境づくりを、トライ式高等学院は行っています。指導スタイルはトライのノウハウを活かしたマンツーマン個別指導。生徒一人ひとりにプロの担当がつき丁寧にサポートしていきます。自主学習が前提となる通信制高校からの大学進学率は15%強と言われていますが、トライ式高等学院では51.6%で、卒業率は98%を超えます(2017年3月実績)。

またスクーリングや課外授業など、全日制の学校と同じような学校生活を送れることはもちろんのこと、職場見学ツアーなどキャリア教育も充実。通信制高校卒業という結果だけを求めるのではなく、その先まで見据えたサポートをしていくことが「トライ式高等学院の個別指導」の特徴です。