アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」

アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」について

驚きや感動、感謝の気持ちを写真で……。
アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」

2016年中学生の部グランプリ作品

対象 小学校・中学校・高等学校

 株式会社アイデムでは、2005年より小学生・中学生・高校生を対象にアイデム写真コンテスト「はたらくすがた」を開催しています。募集するのは働く人を被写体とした写真で、撮影の機会を通じて子どもたちに働くことの素晴らしさや大切さを考えてもらうことを目的としています。今年で13年目を迎えた当コンテストは、年々夏休みの課題として取り組まれる学校や個人が増え、昨年は全国から8,210 点の作品が集まりました。

 当コンテストの最大の特徴は、家族をはじめ身近な大人の働く姿をとらえることで、働くことについて考えるきっかけになり、さらに働いている人への感謝の気持ちも生まれることです。

 参加した子どもたちからは、被写体の働く姿が「自分の未来につながっている」との声も多く寄せられています。また、職場への訪問や大人に声をかけることでコミュニケーションの場にもなっています。

 情報や美術授業としてだけではなく、キャリア教育の一環としてもぜひご活用下さい。