映画感想文コンクール2017

映画感想文コンクール2017について

~映画と育む、コトバとココロ~教育評論家・尾木ママも推薦!
「映画感想文コンクール2017」

 「映画感想文コンクール」は全国の小学生が映画に触れて、見て、感じたことを自分の言葉で表現してもらうコンクールです。今年で4回目の開催を迎えます。2017年の夏休みに見た映画でしたら、映画館、レンタルショップ、テレビなど、どこで見ても、だれと見ても、どんな映画でもかまいません。

 『映画』が教育と結びつくことがイメージしづらいかもしれませんが、実際に参加くださった先生方からは「映像が自分の中に残っていて、きちんと物語をプレイバックできるので、映画は子どもたちにとってかなり書きやすかったようです」「映画にも台詞、地の文があって、情景や音楽、全てがリンクしている。そこを読み取ることで、想像力や読解力を養うことができると感じました」「家族と映画を見て、その感想をお互いに伝え合えば、人がどう感じているのかを学ぶことができると共に、親子でのコミュニケーションのきっかけにもなりますね」というように新しい試みとして注目いただいています。

 公式サイトでは『映画感想文の書き方』『おすすめ映画』と題して、初めてでも参加しやすいように書き方のポイントや推薦作品をご用意しています。子どもたちへの事前授業や配布物としてもご利用いただけます。自分を見つめ、他者への共感力を育む映画感想文。コミュニケーションを深める手段としてもおすすめです。ぜひご活用ください。